酵素ドリンクの発酵・熟成は長いほうが良いの?

酵素ドリンクの発酵・熟成は長いほうが良いの?

酵素ドリンクの多くは、数年の歳月をかけて丁寧に発酵・熟成させています。ですが中には、数か月など短期間の発酵しかさせていない物もあります。

 

この両者を比較すると、やはり手間ひまのかかった長期間の発酵・熟成を経たもののほうが、高い効果があるように思えますよね。ですが、実際にはそうではありません。

 

酵素ドリンクで重要なのは、使用した原材料を最良の状態にできる発酵・熟成期間を経ているかどうか、という点です。長ければ良い、ということではないので、発酵・熟成期間の長さは、比較の際にはあまり参考になりませんね。

それぞれのメーカーが、1番良い発酵・熟成期間を考慮して作っているので、その点は安心しましょう!

 

 

抗酸化物質たっぷりの酵素ドリンクでアンチエイジング!

酵素ドリンクは、たくさんの果物や野菜を発酵・熟成させて作られますね。
この発酵・熟成という過程を経ることにより、アップしてしまう嬉しい栄養成分もあります。

 

そんな中の1つが、抗酸化物質。
抗酸化物質は、体内のサビを防ぎ、アンチエイジングに高い効果を発揮してくれます。

 

酵素ドリンクに含まれる抗酸化物質

酵素ドリンクには、たっぷりの抗酸化物質が含まれています。
この抗酸化物質は、非常にアンチエイジング効果が高いと言われる「ポリフェノール」。
ワインなどに含まれることでも有名ですよね。

 

このポリフェノールにも色々な種類があるのですが、様々な食材を丁寧に発酵・熟成させた酵素ドリンクには、多種類のポリフェノールが配合されているのも魅力の1つです。

 

酵素ドリンクに含まれる主なポリフェノールは、

  • クロロゲン酸
  • コーヒー酸
  • プロトカテク酸
  • チソロール

など。

 

これらの成分は非常に抗酸化力が高く、体内の活性酸素を効果的に除去してくれます。

 

酵素ドリンクの抗酸化物質がもたらす効果

抗酸化物質ポリフェノールがもたらす効果というと、肌の老化を防ぐ、ということだけをイメージしてしまいますよね。ですが、この物質は他にも、様々な面でアンチエイジングや健康のために役立ってくれます。

 

例えば、コーヒー酸にはがん細胞が体の組織内に入り込む症状を抑える効果があるという報告もあります。
また、クロロゲン酸には中性脂肪の蓄積を予防する働きがあるとも言われています。

 

つまり、美容の面だけでなく、体を内側から健康に保ってくれるのが抗酸化物質「ポリフェノール」というわけです。病気予防にも健康維持にも、酵素ドリンクに含まれる抗酸化物質は高い効果を発揮してくれます。

 

さらには、これらの抗酸化物質は脳のアンチエイジングにも効果があるとも言われているのです。
酵素ドリンクを積極的に摂取することは、ダイエット以外にも多くのメリットがあると言えますね。

 

ワインなどよりも飲みやすく、習慣的に摂取することが苦にならない酵素ドリンク。
これなら、アンチエイジングにも役立てやすいですね!

 

関連ページ

酵素ダイエットを比較する際はどこをチェックすべき?
酵素ダイエットを比較する際は、やっぱり実際にその商品を使用してダイエットを実践した人の感想をチェックするのが最適ですね。
酵素ドリンクってどうして痩せられるのですか?
酵素ドリンクは飲むだけで痩せる、というわけではありません。

その点はしっかり理解しておいてください。

酵素ドリンクはファスティング以外にも使えるの?
酵素ドリンクを使ったダイエット法というと、ファスティングが有名ですね。

ですが、ファスティングはハードルが高いと感じる方もいらっしゃるでしょう。

酵素ドリンクって怖い副作用とかないですか?
酵素ドリンクは薬ではなく、普段、誰もが気軽に口にしているジュースと同じようなものです。

だから、副作用というものはありません。
しかも、酵素ドリンクは栄養価が高く、添加物なども極力使用していないものがほとんどです。

酵素ダイエットでリバウンドすることはあるの?
酵素ダイエットは万能の方法ではありません。

人にはそれぞれに体質がありますし、太ってしまった原因も様々です。
そのため、必ず効果があるとも言いきれませんし、せっかく痩せてもリバウンドしてしまう可能性もあります。

酵素ダイエットをしてはいけない人っていますか?
酵素ドリンク自体は、体に危険な害を及ぼすものではないので、特に制限はありません。

ですが、糖分を多く含むため、糖尿病などの病気を患っている方はやめておいた方が良いですね。
体に不安がある方は、担当の医師に相談してから考えましょう。